ホーム > 道場生インタビュー > 鈴木大翔(5歳)の母 船橋KID'S道場

極真会館 千葉県北支部 道場生インタビュー

「子供達を強くしてあげたい」という意欲と熱意を強く感じ入門を即決。 ─ 鈴木大翔(5歳)の母 船橋KID'S道場

「強くしたい」という意欲と意識を強く感じました。

本

人が子供ながらに「強くなりたい」といつも言っていたので、以前、公民館などで練習している空手の道場を見学に行った事があったのですが、私と主人は「折角だから本格的な突きや蹴りができるフルコンタクトで習わせたい」と思ったのでその時は入会しませんでした。そんな折、自宅の近所に極真カラテの道場がオープンすると看板を見て知りました。

極真カラテというとちょっと怖いイメージや厳しいイメージがあり、「子供には過酷かも…」とも思ったのですが、新規オープンの道場という事もあり、ともかく見学に行ってみる事に。道場は新しいですが、子供を指導する先生はベテランの方で以前全日本大会などで優勝したのを知っているお名前の方で驚きました。

お手伝いの先生も現役選手として活躍されている方々で、「子供達を強くしてあげたい」という意欲と熱意を強く感じ入門を即決しました。


「イジメない・イジメられない・ひ弱な子にならない」

武

道を習う事で、「お友達との会話」と「大人との会話」を区別できるような、目上の人や先生に対して礼儀をわきまえられる人になって欲しかったのです。
「イジメない・イジメられない・ひ弱な子にならない」というのは母親にとっては本当に気がかりなこと。
そして、いつ何時でも身の危険を感じた時に最善の対処ができるように、自分の身を守れる術を身につけてもらいたい。きちんとした一人の人間に育てるのは大切な母親の勤めですが、親の力だけでは難しい事です。

船橋KID’S道場の先生は子供の名前もすぐに覚えてくれて大変熱心に指導してくれます。先生自身が出場する試合を子供と一緒に見に行くととても子供は刺激を受けるようで、よいお手本にさせていただいています。


入門してもうすぐ1年で…

現

在うちの子は、稽古が大好きで休まず道場に通っています。負けたくないというキモチがあるようで「もっと強くなりたい!」と、本人なりに努力している姿が見られます。まだ入門して1年経ちませんが、大変我慢強くなり、大きな声で返事や挨拶もできるようになりました。
技術はもとより、礼儀なども身につけ、たくましく育っています。

負けず嫌いの気持ちを伸ばしてくれる極真カラテでイジメなどに負けない強い精神を培って、これからたくさんの勝負(試合)で勝ち負けを経験し、心身共に強くなってもらいたいと思っています。


KID'Sクラスの紹介はこちら

[3才・4才年少]ひよこ空手教室:無料体験受付中
津田沼道場(毎週土曜日 13:30・14:10):047-474-3437
北習志野道場(毎週土曜日 16:30・17:10):047-461-0318

求人

同年代と始める本格空手 無料体験実施中

女性のための無料体験会開催(無料DVDプレゼント中!)

極真会館 KID'S クラブ

親子で始める極真空手

極真会館千葉県北支部の情報を動画配信中!

道場生インタビュー

お友達紹介キャンペーン実施中!

メールフォームからのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら 0120−001−584